2005年09月15日

キャッツ。

3週間ぶりのキャッツ、久しぶり〜てな感じでしたぴかぴか(新しい)
その間にキャストは大きく変わり、なおかつ定着はせずに
毎日日替わりで変更が発生exclamationそんな状況の中での
今日の観劇でした。

私が初めてお目にかかる方は、鈴木さんジェニ、八幡さんバブ、
谷内さんランペル、田邊さんタガー、片山さんマキャの5人。
違う猫として初めて拝見するのは、滝沢さんディミ、真鍋さん
ジェミマ、幸田さんマンゴの3人。
いや〜、見るところ多すぎてなのかどうかわかりませんが、
終わった後かなり疲れている自分がいましたたらーっ(汗)


やっぱりついつい視線がいってしまうシラバブですが、
動きがあまりなくおとなしい感じです。
あとから気がついたのですが、一番最初のときに池田さんを
見て以来、荒井さん・山本さん以外の方のシラバブを見るのは
初めてだったんですねがく〜(落胆した顔)
山本さんの最初のころにも感じましたが、もっともっと
動いて遊んでほしいです。
シラバブの笑顔は、私にはとっても重要ですひらめき
慣れて余裕が出てきたら、って期待してますグッド(上向き矢印)

真鍋さんを見るとついついランペだと思ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
今日はジェミマだったんですよね。
ジェミマといえば私の中では飛田さん、王さんだったので
初めての日本人キャストさん。
飛田さん、王さんともに力強く歌いますけど、真鍋さんは
落ち着いた歌い方なので、グリザを拒絶する感じはあまり
感じませんでした。

滝沢さんディミはとてもかっこよかったですわーい(嬉しい顔)
池田さんボンバルもあいかわらずとても素敵なので、マキャ
ナンバーは感動でした。

田邉さんタガーは、荒川さんのようなさわやかキャラでしたぴかぴか(新しい)
田邉さんの素顔を存じませんが、遠くから見た感じでは俳優の
伊藤英明さんに似た印象を持ちました。
もっとはじけてくれるといいですよね。

自分の知らないキャストさんがこんなにも多いと、なんだか
ちょっぴり違和感みたいのを感じてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
いつもと違う〜みたいな・・・・。
もちろん新しいキャストさんの登場は楽しみでもあるのですが、
人数が多すぎるのもちょっと、と思ってしまいますたらーっ(汗)

そういえば秋さんジェリロのガスナンバーの歌い方、だいぶ
変わったように思いました。
前回もそう感じましたが、今回はさらにやさしくせつせつと
歌ってましたぴかぴか(新しい)

今日もシラバブ握手席で、しっかり八幡さんに握手していただき
ました。
今手持ちのチケットは来月下旬なのですが、今度はどんな配役に
なっているのかなexclamation&question
posted by せら at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。