2005年08月26日

キャッツ。

会社を出るのが思っていたよりも遅くなってしまい、キャッツ
シアターに着いたのが開演5分ほど前だった。
平日の観劇はけっこう冷や冷やするねあせあせ(飛び散る汗)
まあ通路側の席だし、ちょうどよかったのかもしれないけど。

前の席がけっこう背の高い男性で、ちょうどセンターの位置が
死角にもうやだ〜(悲しい顔)
1階席は前後の段差がほとんどないのでしかたのないことかも
しれないけど、今まで前が見えないというストレスを感じたことは
1度もなかったので、今回はちょっと残念だった。
でもやっぱり内容にはとっても満足したよぴかぴか(新しい)


今日も荒井さんシラバブに目が釘付け晴れ
見ようとしていなくても、自然に視線が向いているって感じ。

タガーナンバーのときなんて、けっこう激しく動いているよねぇ。
あそこまで激しく遊んでるのは、初めて見た気がする。
しっぽにじゃれてたり、もう子猫そのものって感じわーい(嬉しい顔)
荒井さんの笑顔には本当に癒される〜るんるん

秋さんジェリロは、ガスナンバーがとってもよかった。
今までの秋さんのこの曲での印象は、なんとなく一本調子な感じだった
けど、今日はすご〜く感情がこもってた感じわーい(嬉しい顔)
もともとグリドルのときの秋さんはすごく好きだったけど、今日のガス
ナンバーでますます好きになった。

南さんのボンバルも、けっこう慣れてきた感じ。
あとはマキャナンバーでの歌かしら。
もう少し力強いといいかなぁ。

やっぱり私はキャッツが大好きるんるん
荒井さんとまた握手することもできて、今日も最高のキャッツでしたわーい(嬉しい顔)


posted by せら at 23:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6270730

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。