2005年07月26日

台風の中でのキャッツ。

夕方6時頃から9時頃にかけて台風が関東地方に上陸台風
そんな天気予報の中、いったいキャッツシアターまでたどり着くのか
どうか、すっごく不安だったよもうやだ〜(悲しい顔)
ところがところが、日頃の行いがよかったのかどうか、行きもほとんど
雨が降ってなくて、帰りにいたっては雨が完全にあがってたぴかぴか(新しい)
台風は通り過ぎてしまったみたい。

そして今日のキャッツ。
またキャッツが、とっても好きになってしまったわーい(嬉しい顔)


どうしてもシラバブからになってしまうけど、山本さん最高るんるん
今までで一番よかった。
正直終わってから、あれ、今日山本さんだったよな?
急なキャスト変更でほかの人になったんだっけ?
なんて失礼ながら思ってしまった。

とにかく歌がよかったぴかぴか(新しい)
声がとてもいいなあ、とは思っていたけど、これまではなんとなく
こなしている、って感じがどうしてもしてた。
感情がこもって、とても素晴らしく歌い上げてた。
いつもシラバブを見ているようで、見ていなかったのかなあ。
最初のころの山本さんバブのイメージのまま、歌も聴いていたの
かもしれないふらふら
いつのまにか、はじめのころとはまったくの別人になってた。
とっても素晴らしいシラバブだったぴかぴか(新しい)

歌だけではなくて、しぐさ・表情もよかったよるんるん
でもジェリクル舞踏会のリフトは完全に失敗だったがく〜(落胆した顔)
左右のバランスが崩れ、上に上がることすらできなかったよ。
もちろん山本さんではなくて、支える側が失敗しちゃったんだ
けど、一瞬あっexclamationっていう山本さんの素の顔を見ちゃった
気がした。
それから気のせいか、しばらくは動きがぎこちなかったように思う
けど、その後吹っ切れたかのようで、それが今日は最高!!って
思わせてくれたのかもしれないわーい(嬉しい顔)

あとスキンブルのとき、タガーがベッドを作るけど、そのまま
すんなりベッドを作ってしまって、ちょっぴり拍子抜けがく〜(落胆した顔)
もうちょっと遊んでほしかったな。
微妙にその後揺らしてたような気もするけど、あまりわからなかった。

全体的に今日は、久しぶりにその役につく、っていう方が多かった
せいか、無難にこなしている感はあった。
南さんボンバルにも注目してたんだけど、やっぱり久しぶりに
やってる、って感じはどうしてもしちゃったもんねぇバッド(下向き矢印)
だけど、それを打ち消して、なお余りあるほどの感動を与えて
くれたよぴかぴか(新しい)

王さんランペルも今まで一番よく声が出ていたと思うし、坂本さん
グリザもよかったぁるんるん
上にあげて終わるメモリーも新鮮。
それからそれから、久しぶりに千葉さんギルの棒術も見れたるんるん

最後のタガー締めは、今日はなかなかタガーが出てきてくれなくて、
あやうく手拍子が終わってしまうところだった。
初めてのタガー締めなしかぁ、ってがっかりしたところで、やっと
タガー登場ぴかぴか(新しい)
しっかりタガー締めを堪能したよわーい(嬉しい顔)

posted by せら at 23:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。