2006年12月29日

キャッツ。

今日のキャッツの注目は、なんといっても木村花代さんのジェリロ&
グリドルでしたわーい(嬉しい顔)
アスパラガスのときの天使のようなやさしさと、一転してグリドルの
ときの小悪魔的なかわいさと、表情の幅・深さがあって、観る者聴く者を
惹きつけまするんるん
実に今年初めてにして最後の花代さんジェリロを堪能しました。

南めぐみさんのシラバブ、あの透き通った歌声は聴いていて癒されますぴかぴか(新しい)
posted by せら at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30673570

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。