2006年08月16日

オペラ座の怪人。

佐野正幸さんの怪人は、まだどことなく硬い感じで、悲哀のような
ものはあまり感じられませんでしたが、逆にその分だけとても若々しい
怪人でしたわーい(嬉しい顔)
これから回数を重ねられるうちに、きっと素晴らしい「怪人」に
なられるに違いありませんexclamation

今日の沼尾さんクリスティーヌは、すごく声が出ていて圧倒されました。
表情も豊かですし、やっぱり大好きなクリスティーヌです。

宮内さんのメグジリーもよかったです。
でも細かい顔の表情とかしぐさとかは、やっぱり荒井さんのほうが
うまいなあとあらためて思いましたかわいい

これで手持ちの「怪人」チケットはなくなってしまったので、しばらく
遠ざかることになりそうですバッド(下向き矢印)
来年のチケットが来月発売になるので、そこで1〜2枚ほど購入できたら
いいかな〜。
そんなふうに思ってますわーい(嬉しい顔)
posted by せら at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22467331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。