2006年07月31日

「ラ・アルプ」8月号。

劇団四季の会員誌「ラ・アルプ」の8月号が届きました。
今月号は気になる記事がけっこうありましたexclamation

まずは、海劇場での「オペラ座の怪人」が来年の3月、千秋楽を
迎えることにもうやだ〜(悲しい顔)
しばらく観ることができなくなってしまうかと思うと、思う存分
観ておきたいですねあせあせ(飛び散る汗)
「怪人」のあとに何が始まるか、それも気になるところ。
「アイーダ」とかやってほしいですぴかぴか(新しい)

今朝のニュースでは、「ライオンキング」の国内通算5000回公演
達成の映像が流れていましたが、いよいよ「ライオンキング」の
ソウル公演が10月より始まります。
こちらのチケットも、8月に発売されます。
さすがに劇団四季での取り扱いは、金・土・日の週末公演の限られた
数席に限られているようですが…あせあせ(飛び散る汗)

まったく知らないキャストさんなら話は別ですが、これまでの公演で
拝見したキャストさんが母国語で演じられるとしたら、それはそれで
観てみたいなあ、と思いまするんるん
posted by せら at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ライオンキング」の5000回公演に、「キャッツ」と「怪人」が来たそうですね!
すごく豪華ですね〜

そういえば「アイーダ」は東京で公演してないね。
せらさんは観ましたか?
おいらは、大阪で観ましたよ!(阿久津&濱田コンビでした)
Posted by ねこにゃん at 2006年08月01日 20:38
「アイーダ」まだ、観てないんです。
阿久津&濱田コンビ、私も観てみたいです。
ぜひ今度は東京に!

Posted by せら at 2006年08月02日 08:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21732995

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。