2006年12月03日

オペラ座の怪人。

今日は家で「オペラ座の怪人」の映画のDVDを見ましたるんるん
この映画は公開初日に映画館で見ましたが、それ以来のことです。
DVD発売も大々的に宣伝されていましたし、購入しようかなと
迷いましたがけっきょくは購入しませんでした。
たまたま先日、お友達より譲っていただいたので、見ようかなと
思ったのでしたわーい(嬉しい顔)

舞台の生の迫力とは違いますが、舞台では表現し得ない映画ならではの
いい部分もあって、舞台とはまた違った意味で素晴らしい作品ですかわいい
なんといってもアンドリュー・ロイド・ウェバー本人の製作なので、
舞台版と基本的には同じなのでひじょうにわかりやすいです。
ミュージカルの作者がなにをどう表現したいのか、舞台よりもより
はっきりしたように感じられました。

「オペラ座の怪人」のなかでも大好きな曲「ザ・ポイント・オブ・
ノーリターン」、この曲が歌われるシーンは何度舞台を観ても
このシーン以前までの怪人とクリスティーヌの関係からどういう
展開でこの曲に歌われるような関係になったのか、どうしても
わからなかったんですけど、あらためて映画版を見て、意味が
わかったような気がしますぴかぴか(新しい)

怪人自らつくった「ドンファン」というオペラにクリスティーヌを
主役で登場させろ、という要求を突きつける怪人。
恐ろしくてそんなことできないと拒否するクリスティーヌ。
怪人の要求をのんだと見せかけて怪人をおびき寄せ、捕らえようと
するラウル。
けっきょくはラウルの言うことをきいて、舞台に上がるクリスティーヌ。
そこで怪人があらわれて・・・・、というシーンです。
この曲は、わたしの携帯の着メロるんるんにも当然使ってますわーい(嬉しい顔)
posted by せら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。