2005年11月02日

蝉しぐれ。

映画を見たわけではないのですが、たまたま映画館での予告編を
見たのがきっかけで、原作を読み始めました。

ひとつひとつのエピソードが各章を構成しているのですが、エピ
ソードのすべてを描くのではなく、エピソードのピンポイントに
焦点を当てて描き、あとの部分は読者の想像に任せる、そういう
印象を受けました。
だから正直最初はちょっと物足りないなあという感想をもちました。
このあとはいったいどうなるのかしら?と。
こうした感想は、私が藤沢作品を読むのがほとんど初めてで慣れて
いないせいかもしれません。

ただ、読み進むにつれ、どんどん小説の中の世界に引き込まれて
いきますぴかぴか(新しい)
想像力をかきたてられた分、登場人物が自分の中で旧知の友達の
ようにさえ感じてしまいます。
ほかの藤沢作品も読んでみたいと思いますかわいい

posted by せら at 22:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。